元気の源はりんごパワーからでしょうか

先日、果物農園に家族に頼まれて行ってきました。毎年、この時期になると行く農園です。実家からも近くそんな場所に果物農園があるのが不思議なくらいです。

時々、車で通り過ぎる場所ですがなんとなく緑が多い場所だなぐらいしか思っていない場所でした。コンビニもあるし人気のラーメン店もあるし近くには大規模な団地が何個もあるような場所です。

こんな賑やかな場所にりんごやぶどうの果物農園がいくつもあるようでした。私が行く農園は女性が切り盛りしている農園です。

40代の若い農園主が頑張って美味しいフルーツを栽培しています。出荷するような果物を作るなんてなかなかできるわけではないでしょう。

大きな畑なのでよく一人で頑張っていると思います。いただいたりんごが殊のほか美味しく感じました。寒い季節なので外で食べると冷蔵庫に入れていなくてもキンキンによく冷えています。

蜜もたっぷり入って美味しかったです。そこのおばあちゃんがまた元気で畑仕事を率先してやっているそうです。その元気はりんごからパワーをもらっているからでしょうか。

私もあやかるためにお昼にいただいたりんごを一個食べるようにしています。りんごを食べると余計な食べ物がいらなくなりお腹が少し引っ込んだ気もします。

Posted in 日々の出来事 | Leave a comment

オリモノの色には注意、特に黄緑は危険度が高いらしい

私は他の人よりオリモノが多い方だと思います。

小さい頃から、すぐ下着を汚すと母に怒られていました。黄色くなるので、母からすればお漏らしをした、ちびったと思われたのでしょう。

でも、決してそうではないのです。黄色く汚れてしまったのは、お漏らしでもちびりでもなく、オリモノだったのです。

当然その頃はまだ整理も始まっていませんから、あれがオリモノだったのかも謎ですが。

思春期になって整理が始まって、ようやくオリモノシートを使うようになりました。でも、私は数時間でびっしり黄色くなってしまうので、いつも生理の時のようにしょっちゅう替えなくてはいけません。さすがに白や透明の時もあるので、幼少期よりは見た目はましになりましたが、下着を汚さないためにオリモノシートは欠かせません。

彼氏とのデートの時などはオリモノシートを見られたくないので、タイミングよく外さなきゃいけないし、結構大変です。

そんな私が最近出会ったのが、布ナプキンという存在でした。なんと布オリモノシートもあるそうです!

「オリモノの量が減った!」「生理が軽くなった!」などのレビューを見て、私は意を決してさっそく布オリモノシートを購入しました。

これで、オリモノが減れば…とまでの期待はしていませんでしたが、結果は!

少しだけ減りました。幼少期に下着を汚していたので、布に変わっただけで減るとは思いませんでしたが、不思議と安心感があるのか、ドバッと出ることがなくなりました。

まだ金銭的に布ナプキンの方は買えてないので、これを買ったら生理も軽くなるのかな?と、淡い期待を寄せています。

そしてオリモノの量も減れば…なんてね。

布オリモノシートにして一番嬉しかったことは、一番は自分のオリモノという汚物が、そこまで憎くならなくなったことです。毎晩自分の手で洗うのは面倒ですが、その行為が、私に自分が健康であることを教えてくれます。

なーんだ、幸せな悩みじゃないか。最近はそう思うようにしています。

私の場合、体質的なもので病気ではありませんがオリモノの色が病気に関連していることもあります。

なかでも要注意な色は黄緑のようです。

黄緑色のおりものとかオリモノに異常を感じたら放置厳禁って事ね。
今回は自分の身を守るって事が身にしみて、いい勉強になりました。
出典:黄緑色のオリモノは性病と判明、私の恐怖体験

オリモノが黄緑っぽいなーって思ったら迷わず病院へ言ったほうが良さそうですね。

病院というとたとえ婦人科であってもなかなか脚が遠のいてしまいますが、膣や子宮の病気は将来の赤ちゃんにも関わってきますから放置するのは厳禁ですね。

Posted in 日々の出来事 | Leave a comment

パーフェクトワンほか私のお気に入りコスメ

女性にとって、美肌は大切ですよね。

私が実際にやっていることを紹介致します。

サプリメントは毎日三回欠かさず飲んでいます。
そのサプリメントは、fracora プラセンタ粒7500です。
プラセンタエキス三粒あたり5000mg相当配合らしいです。

こちらを3ヶ月位飲み続けていますが、肌の調子はとてもよく、体調もとてもいいです☆
値段も980円で半月分、1ヶ月約2000円位なので経済的です。
是非一度お試しを(^^)/

そして、洗顔はHADANOMYを使っています。
炭酸泡できめ細かい泡ででてきます!

そのままエステもできます。
手で泡立てるのって結構大変ですよね?
でも、こちらの商品ならもちもち泡ででてくるので楽々洗顔、エステができます!
値段は980円です。

こちらの商品を使ってからは肌が綺麗になりニキビも減りました。
是非こちらも試してみてください。

お風呂上がりにはやっぱりスチームです!
ナノケアのスチームを使っています。
週2、3日使うと、使わないのとは断然違います。

そして、その後の保湿は、私は子供がいるのと、めんどくさがりやなので、オールインワンジェルを使っています。
新日本製薬のパーフェクトワンを使っています。

こちらは全て配合されているので一つでお手入れ完了なのでとても簡単で毎日続けられます。
肌ももちもちになり、美白も効果大です。

オールインワンは浸透しにくい商品が多いのでこのパーフェクトワンは浸透するのかお肌になじみやすくて気に入ってます。

パーフェクトワンはお得ゲットのキャンペーンもやってるのでいいオールインワンないかなー?って人にはおすすめですよ。

お子様いるかたや、忙しい人にはオススメの商品です。

そして、最後にやっぱり体や肌にいい納豆は夜毎日食べています!
後もう一つバナナも食べています。
便秘が改善され、体も元気になります。

以上、私が試している美肌ケアーでした。

Posted in ビューティー | Leave a comment

妊活はこつこつと地道に 近頃マカも人気

最近、妊活と公の場で堂々といえる雰囲気ができあがりつつあるように思う。
私もその一人。仕事はもちろんセーブはできないけれど、無理のない範囲で妊活をしている。

婦人科への受診をして、まずは自然妊娠するべく自分の排卵状況の確認を始める。
基礎体温をつけること。朝はついついおきあがりそうになるのをこらえて体温を測る。

私の場合、不正出血があったり低温期と高温期の差があまりなかったりとホルモンバランスが崩れているよう。

婦人科では漢方の当帰芍薬散を処方してもらう。もともと冷え性も強くて、下半身はびっくりするくらい冷たい。

こういうことひとつとっても、妊娠しやすい身体づくりは一日ではできない。
時間をかけて身体の中からまるごと体質を改善しないといけないのだ。

鍼灸院に通うようになり、お灸の他に針もしてもらうことで、足先の冷えも改善してきた気がするがまだまだ先は長い。

赤ちゃんが授かれるようにできることをこつこつやろう。

私のように冷え症やホルモンバランスが崩れがちの人には特におすすめらしい。
まずは、私に合うのか試してみようかな。

Posted in 日々の出来事 | Leave a comment

ネイルが大好きな友人の話

友人がネイルに凝っており、会うたびにどんなネイルになっているかを見せてもらうのが楽しみのひとつになっています。

 
ネイルサロンでいつもお馴染みのネイリストさんに塗ってもらいたいネイルのコンセプトを伝えてやってもらうそうです。

 
猫をテーマとして伝えれば塗られた二色の中に猫のモチーフが隠れていたり、
バレンタイン直前なのでそれっぽくとリクエストをすればハート満載の可愛らしい仕上がりにしてもらったり。

 
自分のイメージを伝えてネイリストさんのセンスにお任せするってなんだか楽しそう、と思いはするのですが、
私はせっかく塗ってもらってもネイルをあちこちにぶつけたり引っ掛けたりしてすぐダメにしてしまうので、
自分には向いていないものとして諦めています笑

 

そんな友人と先日海外旅行をしました。場所はフィリピンのリゾート地。

 
友人のネイルはブルー系に小さな貝殻モチーフの飾りをつけて気合充分。

 
滞在中はひたすら海にでかけていたのですが、
ある夜、「現地のサロンでペディキュアをやって欲しい!」と彼女が言い出し街へ繰り出しました。

 
私はフェイシャルエステでもしてもらおうと散策していましたが、どちらも安い安い。

 
なんとマニキュア、ペディキュア共に400ペソ~500ペソ(1000円~1200円程度)、エステは60分500ペソ~1000ペソ(1200円~2400円程度)!

 
エステを終えた私が友人を迎えに行くと、陽気なネイリストさん3人と仲良くなりご満悦な彼女がいました。(中にはオネエなネイリストさんも!)

 
お花柄の可愛らしいペディキュアが羨ましかったです。

 
リゾートの思い出に現地でネイルをしてもらうのっていいなあと思いました。
次の機会には私もやってもらおうかと考えています。

 

あっそうそう、ネイリストの資格って通信でも取れるらしいですね。

ネイル検定対応の通信講座ランキングとか見ながら、私にも出来るかも?なんて・・・

 

 

ジェルネイルのテクニックとかあったら友達にも喜ばれそう♪

 

Posted in ビューティー | Leave a comment